カテゴリー別アーカイブ: 03.照明とカーテン

リビングのシェードが壊れた。

わが家のシェードには、ちょっとした歴史があります。
2012/3/14 シェードへの愛を語っていた記事→リビングのシェード
2012/4/16 猫にひもを噛み切られ→シェードのひもが切れたので、修理してみた

あれから3年・・・シェードはまた壊れました。
R0015500
びろーん・・。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。3年前、猫にひもを噛み切られたときにミサワホームからもらったヒモは、ちゃんと取ってありますから。
R0015501

と思ったんだけど、今回は猫がひもを噛み切ったわけではなく、どうやら赤子がシェードを引っぱったのが原因らしく、ひもを付け直してもうまく巻き上がらない状態です。

うーん、、自力で直せるのかなぁ。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

球切れと予備電球の問題

入居から2年8ヶ月、そのあいだに階段の飾り照明(ミニクリプトン球)だけは3回取り替えましたが、他の照明はまだ一度も交換しておらず、あぁ楽してるよなーと、じわじわ実感しているこの頃です。
照明

現在、わが家にある予備電球は1つだけ。切れたらすぐに予備と交換して、新しい予備電球をまた1つ買うようにしています。
ミニクリプトン球

入居前に住んでいた借家は、各部屋の照明デザインがすべて違っていて、蛍光灯も電球も、みんなバラバラでした。予備の蛍光灯や電球を用意していても、いざ球切れすると微妙にサイズが違うために使えないことが何度もあり、いったい何種類の電球を使っていたのか、住んでいる人にもわからないくらいでした。

だから、新築する家では電球交換を最小限にしてほしい、最大でも3種類までに抑えたい、と最初にお願いしました。

結果、メインの照明はLEDになり、交換が必要なのは、電球型蛍光灯(廊下・玄関・蔵・小屋裏)と、ミニクリプトン球(階段の飾り照明・浴室)の2種類だけになりました。

いまにして思えば、階段の飾り照明も、ミニクリプトン球でなければ予備不要だったかも。以前は予備電球を持つのが当たり前だったのに、一度楽を覚えてしまうと戻れないものですね。

にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

キッチンの手元を照らすスポットライト

キッチンの手元を照らすスポットライトを新しいのに替えました。
不満だったわけではないのですが、旧宅のキッチンに合わせて購入したので、木目調と曲線が、なんとなく今の家に合っていないような気がしていたのです。

ビフォー
1

アフター
2

スイッチオン
3

照明器具は楽天でこちらの<白×白>を購入し、

ハーモニーシーリングランプ
電球はヤマダ電機で購入したパナソニック製のLED電球をつけました。電球4個で1万円を超えましたが、初売り特価だったため(?)ヤマダポイントはつかず、夫が残念そうにしていました。(ツタヤとヤマダ電機のポイントは夫のもの)

今までも不満はなかったですけど、とても明るくなりました。
ここ1~2年のあいだに、LED電球の性能が飛躍的に進化しているのがわかります。
4
日本の技術ってすごいな。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

LED電球の寿命10年って、ウソかもしれない

昨夜、新居で初めて、電球が切れました。
キッチンの手元を照らすスポットライトです。
1
この照明器具は、約5年前(2008年2月)に購入して旧宅でも使っていたもので、もともと普通のミニクリプトン球がついていました。普通のミニクリプトン球が、あまりにもひんぱんに球切れするので、何年か前にLED電球に変えたのでした。

なので、少なくとも、LED電球を入れてから、まだ5年は経っていないのです。せいぜい4年くらいでしょうか。

新しい電球を買おうと電気屋さんに行ってみましたら、入口に「LED電球は10年間交換不要!」という大きなポスターが貼られており、なんだか、悪い冗談を見せられているような気になってしまいました。

なぜ、10年もつはずの電球が切れたのでしょう。

1.照明器具がLEDに対応してないから。

2.その電球がたまたま不良品だったから。

3.すべてのLED電球は、ほんとうは10年もたないから。

私と夫は、電球売り場で話し合い、けっきょく、新しい電球を買わずに店を出ました。電球を買わず、スポットライト本体を新しく購入する方向で考えたいと思います。

わが家の照明は、基準照明を除きすべてLEDです。
2
「10年間交換不要」というのが根拠のない話で、実際は4~5年後に総取替という可能性も、可能性も、可能性も・・・・残念ながら、残念ながら、ないとは言い切れません。その時になってみないと、わかりませんが・・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

認めたくないけど・・・失敗だったかも?(寝室のシェード)

寝室は、一級遮光カーテンの生地(カワシマPD7395D)を使ったプレーンシェードです。夜見ると、さりげなく織り込まれた縦横の模様が抽象画のようで、とても気に入っています。
3
しかし、実用的には、寝室にプレーンシェードは失敗なのかもしれません。

なぜなら、隙間から朝日が入ってくるからです。
4

光が枕元を直撃します。
5

いちおう、対策はあります。シェードの下についている棒を、窓枠に置くようにして、窓枠の中にシェードを押し込んでしまうのです。
6

こんなふうに。
7

普通のカーテンだったら、隙間から朝日が入ることはないと思うので、とくに夜勤などがあって、昼に仮眠が必要な方には、ふつうの遮光カーテンをおすすめしたいです。

それでも、私と夫は、夜見るシェードの美しさにほれこんでいるため、朝見るシェードのなさけなさを全面的にゆるしています。夫は、ベッドの足のほうに頭を向けて眠り、私は毎朝5:45に起きて、娘が目覚めないように、シェードの裾を窓枠に押し込んでいます。

こんなふうに。
8

———————————————————————————

夫です。捕捉します。

私は全然失敗だとは思ってませんよ。
シェードの横から漏れる光が壁を照らし、それがとても美しいので気に入っています。

妻は以前「暗いと目が覚めないから」という理由でカーテンを開けたまま寝ていたはずなのに、そのことはすっかり忘れてしまっているようです。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ