芥川龍之介『魔術』『トロッコ』

小学3年生の作文問題で、「あなたの前に魔法使いが現れました。ひつだけ願いをかなえてくれると言っています。なにを願いますか?」という課題がありました。

長女は「『願いはかなえてくれなくていいから、わたしに魔法を教えてください』と頼みます。願いはひとつじゃたりないし、自分が魔法使いになったら、すきなだけ願いをかなえられるからです。」と書いていて、苦笑してしまいました。

そんな長女に、芥川龍之介の『魔術』を読んでほしくて、この本を買いました。


杜子春・トロッコ・魔術 講談社青い鳥文庫/芥川龍之介

『魔術』は、インド人の青年から魔法を教えてもらう男の話です。ただし、欲を出してしまうと魔法は消えてしまう、という条件があります。自分が金持ちになりたいような人は魔法が使えないわけです。

男は「けっして欲を出さないから」と頼み込んで、魔術を教えてもらうのですが・・・。

芥川龍之介が『魔術』を発表したのは、1919年だそうです。ちょうど100年前ですね。100年たっても色あせない、スタイリッシュでハイカラで色鮮やかな文体に、震えます。

『蜘蛛の糸』『杜子春』など、有名な作品がそろったこの本の中で、わたしが一番気に入ったのは、『トロッコ』でした。

子どものころに読んだはずなのですがすっかり忘れていて、「あれ?だれか死ぬんだっけ?」「ん?死なないでクリアしちゃった?どうなるんだっけ?」と、どきどきしながら読みました。

夕暮れ、知らない場所を歩く少年の心細さが自分の子供時代に重なり、何十年も前に見た夕日の色を思いだしてせつなくなります。

清潔で、上品で、残酷さやエロとは遠い作風で、しかも男前で、子どものころから「芥川龍之介はかっこいいなぁ」と思っていました。

21世紀になった今でも、そして彼より年上になってしまった今でも、やっぱり芥川龍之介って、かっこいいなーって思うのでした。

戸田和代『きつねのでんわボックス』

​『きつねのでんわボックス』との最初の出会いは、長女が受講している「ドラゼミ※」の、国語の文章問題でした。(※「ドラゼミ」は2019年3月でサービス終了となり、別の通信教育が始まります。)

文章問題に取り上げられた作品はこれまでも、「全部読みたい。最後まで読みたい。」というリクエストを受けて、買ったり借りたりすることがありましたけれど、そんな本たちの中でも、『きつねのでんわボックス』は別格の輝きがあります。

ストーリーだけでなく、こどもの手のあたたかさや、やわらかさが伝わってくる、たくみな表現が本当にすばらしいです。


きつねのでんわボックス (新・ともだちぶんこ) [ 戸田和代 ]

とある電話ボックスに、毎日電話をかけに来る男の子がいます。

その男の子を見るために、毎日山から下りてくるきつねがいます。

きつねはこどもをなくした母親で、人間の子に自分の子を重ねているのです。

夫が亡くなったときは「ぼうやがいるからかなしくありませんでした」という、ちょっと薄情なきつねですが、ぼうやが亡くなったときは、泣いて、泣いて、なみだでからだがとけてしまうほど悲しみます。想像しただけで、つらい。

長女は「きつねのぼうや、はっちゃんみたいだね。こんなのがいなくなったら、かなしいよね。」と言いました。ほんとそう。あなたも、ちっちゃいころはこうだったよ。「みて、みて、すごい?」っていつも言ってたよ。

男の子が遠くへ引っ越すため、もう電話ボックスには来ないことを知って、悲しみに追い打ちがかかってしまったきつねは「行かないで。わたしはこれからどうすれば」と取り乱しますが、やがて男の子の幸せを願う気持ちに変わっていきます。

深い悲しみから、それでも前を向いて生きていこうとするきつねの姿が胸を打つ名作です。

上橋菜穂子『風と行く者』(守り人シリーズ最新刊)

1月も、もう31日。
このままだとブログ更新しない1年になってしまいそうなので、まだ読んでいない本のことを書きます。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

完結した『精霊の守り人』に、まさかの新刊が出ました。

わたしはハードカバーのを買いました。が、かなり分厚くて、重いです。
持ち歩くのも重いけど、読むために本を持ち続けるのも重いという・・・(苦笑)

風と行く者 [ 上橋菜穂子 ]

同じタイトルで軽装版も出ています。値段も半分くらい。

風と行く者 [ 上橋菜穂子 ]

今週末から読み始める予定です。
読んだら、感想を書きます。

また、バルサに会える。うれしい。

40代のエアークローゼット・ちょっと不満なところ&3回目

40代がチャレンジするレンタルブティック「エアークローゼット」のおはなし。今回がいちおう最終回です。

3回目のリクエストは、「コンサートがあります」「長時間、自家用車で移動する予定があるので、着ていて楽な服がいいです」の2点でした。

届いたのは、グレーのニットと、
IP-0000206552K_0

草色のワイドパンツ。
300907_0
パンツは起毛の生地で、しっとり上品な感じです。実際にコンサートと、保育園のお遊戯会に着て行きましたところ、とくに保育園では周りの保護者もこんな感じのコーディネートが多い印象で、浮いてる感じがなくてなんだか、その場にいるのがとても楽でした。

流行ってこういうことなのかしら。

もうひとつは、ニットのワンピース。
398127_0

1回目、2回目はモノトーンだったのが、カラーものが入ってきて、うれしかったです。

ニットのワンピースはあたたかくて、やわらかく、平日、家の中でも何度も着て、1週間後に返却しました。いまは4回目の到着を待っているところです。

こんなふうにエアクロを使ってきて、1ヶ月が経ちました。とても楽しくて、おしゃれに興味が出てきて、テレビや雑誌、インターネットで女優さんやモデルさんを見ると、「どんな服着てる?」「どんな靴履いてる?」「どんなアクセサリーつけてる?」ってチェックしている自分がいます。

そんな中、ちょっと不満というか、「思っていたのと違うなぁ」というところもあります。

それは「思っていたよりも、次の服の到着が遅い」ことです。

公式サイトの説明では「返却から3~5営業日で次の服が届きます」とあるのですが、私の場合、日曜日の夕方返却すると、次の服が到着するのは土曜日の午後でした。6営業日かかっています。

「返却を確認してから3~5営業日」なら説明どおりなのですが、「返却から」だと絶対に3営業日では届きません。

「いつ届くかな~」と楽しみに待っていて、「今日も来ない」「今日も来ない」となってきます。

飲み会は、だいたい木曜の夜とか、金曜の夜だし、土曜日朝から出かけたい(しかも泊まりで)となると、土曜の午後到着では遅いのです。できれば木曜の昼には届いてほしいものですが、まあ届きません。そうなると、1週間まるまるチャンスがなくなってしまいます。

サービスを利用しはじめたときは、「平日は制服があるから、週末だけ着るとちょうどいいな」「月に4~5回借りられるから、毎週違う服が着られるね♪」と思っていたのですが、このペースだと、毎週違う服は着られません。がんばっても月3回が限度です。

それだけが、不満と言えば不満なところです。

そこを除けば、エアクロのサービスには、とても満足しています。とくに、スタイリストさんからのメッセージは毎回とってもあたたかく、行事予定だけでなく、当地の天気予報までチェックして服を選んでくれているのが伝わってきて、いつも感動しています。

ときどきは購入もしながら、これからもエアクロを楽しんでいきたいと思います。

———————————-

わたしが登録したときは、ポイントモンキーを経由してエアクロのサイトに入ると、無料会員登録で2,100円もらえる!というのをやっていました。
簡単で還元率が高いポイントサイト / ポイントモンキー
わたしは11月12日に登録したのですが、12月10日に2100ポイント入ってましたよ!さっそく楽天銀行にて現金に交換しました。無料会員登録で2100円って、太っ腹ですねぇ。(いつまでなのかはわからないので、終了していたらごめんなさい。)

あと、利用開始するときに「紹介コード」を入力すると、割引があります。

「試してみようかな」と思ってくださった方は、紹介コードの欄に
「dGoC7」と入れてみてください。¥1,000OFFになります。(ついでにわたしも翌月の利用料が¥1,000OFFになるそうです。)