カテゴリー別アーカイブ: 8.庭

エゴノキの花

エゴノキの花が満開です。
エゴノキの花1

エゴノキの花2
こんなにわんさか咲いて、実もいっぱいできるのです。

初めてこの花を見たときは、「種がたくさんこぼれて、家の周りが森になっちゃうんじゃない?」と心配しましたけれども、秋から冬にかけてが来て、せっせと食べ尽くしてしまうので、今のところ種から発芽したのは見たことがありません。

鳥は根気よく、木についた実も、地面に落ちた実も、ひとつ残さず探して食べます。自然って、よくできたものだと思います。

耐寒性がめちゃくちゃ高い植物のはなし

昨年は4月から9月まで、毎月タキイの苗が届いていました。(毎月届く頒布会に申し込んだため)

(昨年5月の様子)
花

なんとか強制的に庭に手を付けようと申し込んだ頒布会でしたが、月に4~5千円分の苗が届くというのは、かなり大量でして、続々届く苗にだんだんと手が回らなくなり、後半は花壇に植えてやることすらできず、届いたポットをそのままプランターに並べておくだけになっていきました。

ポットのままプランターや植木鉢に置かれた植物たちは、置かれた場所でそれなりに咲き、雨を受けて根をのばし、冬になって雪が積もるまで、様々な花を見せてくれていました。

そして、春。

なんか復活してる子がいる。
リーフ1ポットに入ったまま冬を過ごし、つまり根が土の中に入ってもいないのに、枯れずに耐え抜いたわけです。赤い葉っぱは「ヒューケラ」。

こっちは、「グレコマ バリエガータ」。通年で花を咲かせ、とても丈夫です。
リーフ2

左側に見える緑色の葉っぱも「ヒューケラ」。ちょっと野菜みたいですが。
リーフ3

ポットから外して、プランターに植えてやりました。

なにもしなくても寄せ植えが完成してる感じで得した気分です。

とくに赤い葉は、遠くから見ると花が咲いているようにも見え、なかなかいいです。

数年放置してしまって、野生に戻りすぎている庭ですが、今年はできるだけ手を入れていきたいです。


グレコマ バリエガータ 斑入り葉


ヒューケラ ドルチェ ツボサンゴ ライムソルベ 大苗

庭の野鳥

庭の木に、鳥が来ていました。あざやかな黄色いおなかが、すごくかわいいです。
dsc_4417
次女が窓辺に近づいても、パッと逃げたりはしないので、どこかで飼われていたのが逃げ出したのかと思っていたら、「ヤマガラ」という野鳥で、もともと人間になつきやすのだとか。(ただし捕獲は禁止らしい。野鳥だから。)

この鳥がある朝、デッキにひっくりかえって転がっていて、死んでいるように見えたのですけど、しばらくしたら、少しずつ動きだして、30分ほど座り込んでいたかと思ったら、やがて飛んでいきました。
dsc_4423

その後、いつのまにか2羽になって、玄関前のエゴノキの実を食べていました。ネットで調べたら、とくにエゴノキの実が好物なんですって。

横でパソコンを見ていた長女が、「うち、エゴノキを植えてよかったね」と言っています。私もほんとうに、そう思います。エゴノキの実、いままでほとんどなんの役にもたたなかったけど、喜んで食べてくれる鳥がいるなら、うれしいです。

今年の金魚

今年も、お祭りで金魚すくいをしました。

赤い金魚が3匹と、黒でめきんが1匹。

2年前は金魚飼育セットを買ってきて、毎日一生懸命世話をしたのですけど、
10日で全滅させてしまいました。昨年も・・・(以下略)

今年は、もうがんばらないことにして、メダカ鉢に入れました。

黒デメは翌朝死んでしまいましたが、赤い金魚たちは、元気にしています。

メダカと一緒に泳ぎ、メダカのエサをばくばく食べて、お祭りから3週間が過ぎました。
金魚
メダカと金魚って、一緒に生きられるものなんだなー。

夫はメダカが金魚に食べられるのではないかと心配しています。それはまた、そのときだと思う。

水鉢戦記2016

夏は外に出し、冬は家の中に入れていたメダカ鉢ですが、昨年は夏のあいだも屋内に置いていました。なぜかというと前年の秋から冬のあいだ、そうとうしぶとく蚊が生まれ続けていたからです。

もう外には出さず、完全に家メダカとして育てていこうかと思っていたのですけれども、玄関では日光が足りないせいか、こんどは姫スイレンが咲きませんでした。

というわけで2016年は、、、早々に屋外に出しています。
R0016831ある日、なんか鳥がいるなーと思ったら、まだ灰色がかった若いセキレイでした。大人になると、白黒がはっきりするんですね。世間知らずなのか、私が近づいても逃げません。

以前、メダカ鉢を外に出したその日のうちに全滅させてしまったことがありましたが、あのときの犯人はやはり、セキレイだったのでしょう。

その経験から、今回は水鉢にメダカの隠れ家(くしゃくしゃにしたクッキングシート)を浮かべています。セキレイが来ても、隠れているので大丈夫。メダカの数は減らず、悠々としています。

水鉢戦記まとめ読みはこちらから。→カテゴリ:メダカと水鉢