カテゴリー別アーカイブ: 家電

2年前に衝動買いしたブラウン マルチクイック

2年前に衝動買いした「ブラウン マルチクイック」、次女の離乳食中もまあまあ活躍していましたが、離乳食を卒業した現在も、毎朝使っています。

なぜなら毎朝、長女と私がスムージーを飲んでいるから。
スムージーこの日は、りんご1/4個、小松菜1株、カゴメの野菜生活200ccで2人分。
濃い緑色が「野菜を摂った!」という気分にさせてくれます。見た目に反して、味はリンゴの味しかしません。おいしいです。

その日によって、バナナ+ヨーグルト+野菜生活だったり、いちご+はちみつ+水菜+飲むヨーグルトだったり。保育園時代は毎朝おにぎりだけだった長女の朝ごはんに、なんとか食物繊維をプラスできないかと考えて、こうなりました。

お菓子作りに電動泡だて器がほしいと思ったのがきっかけで購入したブラウンマルチクイック、こんなに毎日使うことになるとは。予想以上の活躍です。


■送料無料。1台4役。■Braun(ブラウン)マルチクイック ハンドブレンダー MQ535

アラジントースターでパンを焼いてみたよレポ。(※トーストじゃなく生地から)

ほしい!ほしい!と言っていたアラジントースターを買っちゃいましたぁ♡
アラジントースター

これを買うとき、ふつうのパンも焼けるのか、つまりオーブンとして使えるのか知りたかったけど、トースト以外の情報を見つけられなかったので自分で実験してみましたよ。

結論としては、生地から焼くパンも、とてもおいしくできました。

実験1:オーブンのようにそのまま焼いてみる。180℃で12分。
アラジン1

あ、外国のパンみたい~♪(おおきさがまちまちなのは、長女が成形したからです。)
アラジン2

水分が蒸発するせいか、周りがクッキーみたいにカリッカリです。パンというより、スコーンみたいなかんじでした。次女は内側しか食べなかったです。
アラジン3

実験2:グリルパンに入れて焼いてみる。ふたをして、180℃で13分。
アラジン4
(ご参考までに、パン6個で強力粉150g使ってます。
 生地づくりは、これで↓ おもちゃですが、超つかえます。)

キッチンマルシェ ふわもちクックパン

わあ、ふっかふかだ。見るからにおいしそう。
アラジン5

内側も、ふわふっわ。こっちは次女もまるごと食べました。
アラジン6

焼き方ひとつで仕上がりがぜんぜん違うんですね。ふつうのパンを焼くときは、グリルパンを使った方がうまく焼けることがわかりました。クロワッサンやシナモンロールにも、挑戦してみたいです。

このあと、野菜のグリルもやってみました。記事が長くなってしまうので、また次回。毎日の料理にも、がんがん使っていきたいです。

ものすごくほしいオーブンを見つけてしまった。

これ!これがほしいの!というお話です。
アラジントースター

長女(6歳)のクリスマスプレゼントだったおもちゃ「キッチンマルシェ ふわもちクックパン」でパンを焼いてみたところ、あまりにも上手にできて感激したのが、昨年12月末のことでした。
パン (2)


キッチンマルシェ ふわもちクックパン

その年が明けたお正月、妹宅に集まって、姪っ子たちも一緒に同じおもちゃでパンづくりをしたのですが・・・

妹宅のちゃんとしたオーブン(デロンギ)で焼いたパンは、さらにさらに美味しくなって、超ふわっカリッサクッになってしまって、「オーブンのパワーが違うだけで、こんなにも違うものなのか!」とビックリしました。

それからというもの、夫と私は「今年はぜひ新しいオーブンを買おう!」と、何度も電気屋さんにオーブンを見に行っています。

なにしろ、今使っているのは無印良品のオーブンレンジです。1万5千円という値段にしてはもう十分すぎるほど活躍してるんだけど、パンを焼くにはパワーが弱いわけで。

そんなこんなで、スロークッカーに出会ってしまったり、いっそのこと庭にピザ釜作ろうかという話になったりしていたのでした。

さて、そんな折、雑誌でたまたま「バミューダ ザ・トースター」というのを見かけました。

ホワイト
バミューダホワイト

グレー
バミューダグレー

んー、シンプルでおしゃれなデザインですよね。これで焼くと、トーストがものっすごくおいしくなるんだって。

で、バミューダトースターのことを調べようとネットをウロウロしていたら、「アラジントースター」にたどりつきました。
アラジントースター
あー、これ、すごくいい。
唐揚げもできちゃうし、ハンバーグも焼けちゃうし、ふだんの料理に活躍しそうなところがすごくいい。(参考にしたホームページはこちら→家電Watch

これ、ほしい!ほしい!ほしい!

けど、「オーブンとしての庫内容量は付属のグリルパンを重ねたサイズなので非常に小さい」というところが、ちょっと気になる・・・かな。パンが焼けなかったら本末転倒だもんね。

いちおう夫にも見てもらってから決めようと思って、がまんしてます。

加湿機

寝室用に、新しい加湿器を買いました。
R0016359
じつは、うちには加湿機がなかったのです。

長女が赤ちゃんの頃は、いろいろと気を遣っていて、超音波式とスチーム式を使ったこともあったのですけど、のちに超音波式は危険だと知ったり、スチーム式はメンテナンスが大変だったりして、なんか面倒になってしまって。

なんとか加湿器を買わずに済むよう、洗濯物を干したり、やかんでお湯を沸かしたり、観葉植物を置いたりして、ごまかしてきました。

だけど、夫が「気化式っていうのがあるんだってよ。」というので、電気屋さんに見に行ってみて、「これならいいかも」と思い、気化式+ヒーターのハイブリッド式を買ってきました。

品番は、ダイニチHD-5015です。税込で13,000円でした。
(次女が積み木のようにして遊んでいるのは、ドラえもんのプラネタリウムです。いちおう過去記事→1800円のプラネタリウム
R0016362
使ってみたら、たしかにいいです。50%に設定したら、目が覚めたとき、「あれ?もう冬おわったんだっけ?」と混乱したくらい。呼吸が楽です。

いままで寝室の湿度は20%、洗濯物を干すと40%だったのが、ちゃんと設定どおり(50%・60%・70%から選択可能)になりました。いい買い物をしたなぁ。

スロークッカーでとろっとろホルモン煮込み

3千円で買える「ほったらかし調理器具」スロークッカー。
いままで作った料理は、ブリ大根・金時豆焼きいもチーズフォンデュです。

知り合いに誘われて、ときわ亭の仙台ホルモンを共同購入しました。
ホルモン (1)
味はいいのですけど、解凍してフライパンで焼いただけでは歯ごたえがありすぎ。もともと焼き肉屋でホルモンを注文するタイプじゃないのよね、私。

なんとかしてやわらかくできないものかと思い、まとめてスロークッカーで煮込んでみることにしました。水分が蒸発するのを見越して、水をじゃぶじゃぶめに入れました。
ホルモン (2)

夜寝る前に仕込んで、7時間後。朝になったら、鍋はこうなっていました。
ホルモン (3)

皿に盛りつけたら、おおぅ、とろっとろで~す。
ホルモン (4)

ホルモン煮込みとしては、もうちょっとプリッと感を残したいところなので、7時間は煮すぎだったかも。3~4時間のところで味見をすればよかったですね。

冷凍の味付き肉はどうしても硬くなりがちなので敬遠していたのですけど、水を入れてスイッチを入れるだけで煮込みができるなら、最強の時短・簡単料理といえるでしょう。リピしたいんだけど、私を共同購入に誘った本人はまだ食べてないそうです。「早く食べてリピしましょうよ」と催促しておきました。