カテゴリー別アーカイブ: 家電

スロークッカーでとろっとろホルモン煮込み

3千円で買える「ほったらかし調理器具」スロークッカー。
いままで作った料理は、ブリ大根・金時豆焼きいもチーズフォンデュです。

知り合いに誘われて、ときわ亭の仙台ホルモンを共同購入しました。
ホルモン (1)
味はいいのですけど、解凍してフライパンで焼いただけでは歯ごたえがありすぎ。もともと焼き肉屋でホルモンを注文するタイプじゃないのよね、私。

なんとかしてやわらかくできないものかと思い、まとめてスロークッカーで煮込んでみることにしました。水分が蒸発するのを見越して、水をじゃぶじゃぶめに入れました。
ホルモン (2)

夜寝る前に仕込んで、7時間後。朝になったら、鍋はこうなっていました。
ホルモン (3)

皿に盛りつけたら、おおぅ、とろっとろで~す。
ホルモン (4)

ホルモン煮込みとしては、もうちょっとプリッと感を残したいところなので、7時間は煮すぎだったかも。3~4時間のところで味見をすればよかったですね。

冷凍の味付き肉はどうしても硬くなりがちなので敬遠していたのですけど、水を入れてスイッチを入れるだけで煮込みができるなら、最強の時短・簡単料理といえるでしょう。リピしたいんだけど、私を共同購入に誘った本人はまだ食べてないそうです。「早く食べてリピしましょうよ」と催促しておきました。

ビデオカメラのプロジェクター機能が楽しすぎる

長女が赤ちゃんのころはデジカメの動画撮影機能で十分で、ビデオカメラがほしいと思ったことはありませんでした。

そんなわが家がビデオカメラを購入したきっかけは、次女を産んですぐに長女の運動会があったことでした。私は家で留守番で、夫と娘の姿を、私の妹に撮影してもらうことになり、誰でも扱えるようにと購入したのでした。

そのビデオカメラにはプロジェクターの機能がついていて、動画を壁に投影することができるのですが、

この機能、子守に絶大なパワーを発揮しています。子どもが壁から離れない。
ビデオ1

壁の中の赤ちゃん(過去の自分)に、おもちゃを貸してあげようと「はい!はい!」と差し出したり、
ビデオ2

逆に「貸して!貸して!」と手を伸ばしたり。
ビデオ3

テレビもなにもないところで、撮影した動画をみんなで見ることができるので、飲み会のときなんかは大人も「おおー」と盛り上がって、予想以上にウケます。「壁に投影する」という行為は、それだけでなんか盛り上がるもののようです。そういえば最近、城とかに模様映したりしてるものね。そのうちスマホにも、プロジェクター機能がついちゃうかも?

3千円で買える「ほったらかし調理器具」

次女のために大根を毎日煮るようになってから、電気の圧力鍋がほしいと思うようになりました。

いま使っている普通の圧力鍋は、材料を切って、鍋に入れて、加熱して、圧力鍋のふたがカタカタ鳴ったら、IHのタイマーで5分後に電源が切れるようにしているのですが、加熱してカタカタするまで待ちきれない時があって。

電気の圧力鍋なら、材料入れてスイッチ押すだけ。カタカタ鳴るまで待たなくてもいい。

ただ、「ほったらかし調理器具」というのは、けっこう、お高い。それに、でかい。さらに、本体がデカい割に、鍋の部分が小さくて、量が作れない。さらにさらに、洗うパーツが多い。

というわけで「買えないなぁ」って思っていたのでした。

が、見つけました!(って、知らなかったのは私だけかもですが)
スロークッカー1
これ、スロークッカーというものです。電気屋さんで、税込2,800円で買ってきました。シンプルな構造で洗うパーツが少なく、鍋部分が大きい。なにしろ安い!

楽天では、送料込みで3,200円くらいのようです。

材料を入れるだけでおいしい煮物のできあがり。【送料無料】ツインバード スロークッカー

さっそく金時豆を煮ています。水に浸す必要もなく、いきなり豆と水と砂糖を入れてクッキングスタートです。すごい楽ちんです。
スロークッカー2

ただ、このスロークッカーには、タイマーがついていません。タイマー付きのだと6千円くらいして、サイズが大きくなり、デザインもシンプルじゃなくなるので、コンセントのほうにタイマーをつけることにしました。

コンセント用のタイマーは、安いのだと千円以下のもあったのですが、デザインが派手だったので、こちらを買いました。2,000円でした。
タイマー

圧力鍋も、シャトルシェフも持っている私ですが、それぞれ加熱しているあいだは離れられないという難点があり、完全にほったらかしできる調理器具はとてもありがたいです。電気代はスロークッカーのほうがかかりそうなので、状況によって使い分けてみようと思います。

とりあえず明日の朝、豆が煮えていたら、こんどはブリ大根を煮てみる予定です。

プリンターを長持ちさせる、ちょっとした心がけ

最近夫から聞いた話です。

家庭用のインクジェットプリンターを長持ちさせるには「ふちなし印刷をしないこと」なんだそうです。
しゃしん

ふちなし印刷をすると、はみだしたインクは「吸収体」というところに蓄積していきます。そこがいっぱいになると、交換するにはメーカーに依頼するしかないのですが、部品交換はとても高価で、新品のプリンターを買った方が安いくらいなのだそうです。

つまり吸収体がいっぱいになったとき、プリンターは寿命を迎えるということになります。だから吸収体がいっぱいにならないように時間稼ぎをすると、長く使えるというわけです。夫もそれを聞いてから、家で写真プリントするときは、「ふちあり」にするようにしているんですって。

これからの季節、おうちのプリンターが年賀状印刷などで活躍する機会が増えると思います。デザイン的に可能であれば、ふちありにしたほうがプリンターが長持ちしますよ、というお話でした。

ドラム式洗濯機からの水漏れ

わが家の洗濯機はサンヨーアクア(AQUA)品番AWD-AQ350です。先代の洗濯機がリコール対象になったため、代替品として5年前(平成22年4月)にわが家にやってきました。

その洗濯機の下に、最近、水たまりができるようになりました。説明書を見ながら、「排水フィルターが汚れているのかな?」「排水ホースが詰まったのかな?」と、できる限りのことはやってみたけれど、原因がわからず、電気屋さんに来てもらいましたところ、電気屋さんも原因がわからず・・・

けっきょくメーカー(現在はパナソニック)さんに来てもらうことになったので、今日は仕事を休んで家にいます。

で、水漏れの原因は、扉部分のゴムパッキンが劣化したためとわかりました。(写真は取替後のピチピチしたゴムパッキンです。取替前は確かにゴムが伸びてベロ~ンとしてました。)
洗濯機

その場でゴムパッキンを取り替えてもらい、修理代と出張費合わせて17,928円を現金で支払いました。たった5年で故障するとは想定していなかったし、直しに来たその日に現金で払うとも思っていなかったので、けっこう痛い出費です。せっかく修理したんだから、あと5年は使いたいものです。

ただ、洗濯機からの水漏れって、いつかは必ず起こるものなのかもしれません。掃除が面倒だと思って、洗濯機の下に防水パンを置いていなかったのですけど、置くことにすればよかったかなぁ、と思ったことでした。

にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ