カテゴリー別アーカイブ: 3才

(子連れディズニー)家族4人で真昼のランドへ

2日目のお昼です。

夫が合流して、家族4人でディズニーランドへ。

土曜日、さすがに、さすがに混んでました。
DSC_8770-1
この日、唯一決まっていた予定は、「シンデレラ城の中に入る」こと。
次女の希望です。それ以外は、行き当たりばったりです。

お城に入る列に並んでいると、キャストさんに「まぁ、プリンセス!おかえりなさい」と言われ、大満足。なのに、せっかく宮殿の中にいるのに、壁画もきれいなのに、せっかくプリンセスのドレスを着ているのに、夫がカメラを向けると、次女は写真を撮らせてくれませんでした。

王様のイス?にも座らず。

しかたなく床の写真を撮った夫なのでした。
DSC_8685-1

シンデレラ城を出たころ、アナとエルサのグリーティングイベントが始まっていましたけれど、人がいっぱいだったので子供に見せないように(「自分も!」と言われないように)トゥーンタウンへ。

アナとエルサのグリーティングは、小さい子限定。シンデレラ城に入る前は、まだそんなに混んでなくて、キャストさんに「ここで待っていれば参加できますよ」と言われていたのに、待っていられなくて城に行ったのです。貴重なのは、城よりキャラクターグリーティングなのにね。ちょっと残念。

トゥーンタウンについたころ、プリンセスがお昼寝タイムに入り、ベビーカーに乗ったまま寝てしまいました。

ごはんをゆっくり食べるチャンスです。
「ヒューイ・デューイのグッドタイムカフェ」で昼ごはんにしましょう。
グッドタイムカフェ

ピザ パオ
長女は「ミッキーピザ」、私と夫は「グローブシェイプ・ローストチキンパオ」を食べました。

おすすめはミッキーピザです。具がいっぱいで、とってもおいしかったです!私もパオじゃなくピザにすればよかった。

一緒に頼んだ「タピオカドリンク」、飲み残しの氷を捨てるときに気づいたのですが、、タピオカがミッキーの形をしていました。こってるなぁ!だけど、気づかないまま食べちゃったよ。

その後、グーフィーのペイントハウス、
ペイントハウス

ミニーの家に立ち寄って、
ミニー家
もう見れるとこないかなーと言っていたところ、

パレードが来ました!
DSC_8764-1
トゥーンタウンは、パレードの最終地点なんですね。道の奥に、キャラクターたちが戻っていく大きな門があります。道の向こう側には観客がいないので、キャラクターはみんなこっちを向いてくれます。

DSC_8759-1
ちょうど目を覚ました次女を肩車して、長女は立ったまま、次々と戻っていくパレードに手を振っていました。

ディズニーランドですごした時間のご紹介は、これでだいたい終わりです。

このあと、キャストさんに声をかけて、シンデレラ城をバックに家族4人そろった写真を撮ってもらい、アンバサダーホテルに戻ってホテルの売店でおみやげを買い、舞浜駅でプリンセスを普段着に着替えさせ、2泊目の宿に向かいました。

舞浜駅から、東京駅経由で約1時間。

2日目の宿は、「吉祥寺REIホテル」です。「ジブリ美術館に近い」を条件に選びました。
DSC_8796-1
夢の国のホテルとはうって変わって、ビジネスライクなつくり(笑)フロントでもらった「目を温めるマスク」は、子らに取られて、私のものにはなりませんでした。

(子連れディズニー)朝のディズニーシー

2日目。

次女は朝6時前には起きて、「もう行こうよ~」と言っています。

7:45からのハッピー15エントリー、さっそく役に立ちそうです。

約1時間のあいだに、自分の身支度を済ませ、プリンセスの髪を結い、ドレスを着せて、長女はぎりぎりまで寝せておいて、朝7時ごろ、母子3人でホテル発シー行きのバスに乗りました。夫はまだ寝ています(夫のチケットは、ディズニーランドだけ入場できる券だから)。

ハッピー15エントリー専用の入口がわからないので、またまたいろんな人に聞きながら進みますと、一般の入り口だけでなく、15分早く入れるところにもすでに長い列ができていました。泊まっている人がたくさんいるんですね。私たちの後ろにも、たくさんの人が並びました。

ただ、7:45になる前から荷物やチケットのチェックが行われていて、列はどんどん前に流れていき、ずっと立って待っているという感じではなかったです。

パークに入ると、人々はほとんど左側の山道に流れていき、右側に行くのは私たち3人を含めて20人もいないくらいでした。

朝のディズニーは寒くて、まずは屋内施設マーメードラグーンへ。

だれも待っている人がいない中で、空飛ぶ魚(ブローフィッシュ・バルーンレース)に乗り、
さかな

コーヒーカップ(ワールプール)に乗り、
コーヒーカップ

うろうろしたり、
冒険するところ

水が出るところで遊んだり。
水が出るところ

それからアラビアンコーストに移動し、

空飛ぶじゅうたんには2回乗り、
じゅうたん

すぐ隣のシンドバットに乗り・・・
シンドバット
残念ながら次女は「ここ、においがいや」と言って、人形も「こわい」と言って不機嫌に。所要時間は10分らしいのですが、とても長く感じました。

それから外へ出て、フライングフィッシュコースターに乗りました。
コースター
ジェットコースター系は初めてでしたが、子どもたちはかなり楽しかったと言っていました。私は、隣に次女が乗っているので、こわくてたまらなかったんですけどね。

このころ、時刻は午前10時。人がだいぶ多くなってきて、ベビーカーを押して歩くのがせまいと感じるようになってきました。

再入場スタンプを押してもらって、いったんホテルに戻って夫と合流します。

ホテルに戻ったのが、10:30ごろ。

この時間ならレストランがすいてるかな?と思ったら、レストランの営業は
10:00でクローズ、再オープンが11:30からだそうです。そりゃ混むわ。混むしかないわ。

ホテルのレストランをあきらめて、コンビニで買った空弁を部屋で食べました。

まとめた荷物(使わなかったスキーウェアなど)を自宅に送ったり、スーツケースをサービスカウンターに預けたりして、チェックアウト。

やっと家族そろって、真昼のディズニーランドに向かいます。

(子連れディズニー)夜のディズニーシー

ディズニーランドで夜のパレードを見たあと、いったんホテルに戻ることにしました。

夫と合流するためです。

ホテルの部屋でレストランが何時までやっているか確認したり、ルームサービスをチェックしたり、テレビが映らなくてスタッフを呼んだり、Wi-Fi設定したり、プリンセスを廊下で放牧したり(そのあいだに長女は部屋から花火が見えたと言っていたり)しながら待っていたところ、夫から、

「羽田で晩めし食ってから行く。まだ1時間以上はかかる」という連絡が入りました。

てことは、到着は夜10時ごろになるということか。

「パパ遅くなるって。ディズニシーに行ってみる?1時間くらいしか、いられないけど」

「うん!いいね!」「行く!」

玄関に行くと、ちょうどシー行きのバスが出発するところだったので、急いで乗り込みました。バスの中にあるテレビで、「ジャスミンのフライングカーペット」が映っていて、子どもたちは「あれに乗る!」と話していました。

ランドで手に押してもらった再入場のスタンプとチケットを確認してもらって、ディズニーシーへ入場。

子どもたち、大きな地球に大喜びです。
地球

このとき初めて、うちの3歳プリンセスが防寒着をなにも着ないまま来てしまったことに気づき、あわててショップでジャンパーを買いました。

さて、夜のディズニシー。

意外に暗い。

どこに行けば何があるのか、まったくわからない。

空飛ぶじゅうたんに乗りたいんだから、アラビアンコーストに行くんだよね?

キャストさんに何度も道を聞いているうちに、「ジーニーのとこはどこですか?」と質問するのが楽だと気づいて、「ジーニー」「ジーニー」言い続けていたら・・・・

「マジックランプシアター」に来ちゃいました。
マジックランプシアター

よくわからないまま駆け込むように建物に入り、3Dメガネを受け取ってしまってから、「あ、これ、お芝居を見るやつだった」と気づきました。
マジックランプたしかに「ジーニーのところ」だね。

マジックランプシアター終了後、「もう遅いから、空飛ぶじゅうたんは明日の朝にしよう」と言い聞かせ、通りすがりのマーメードラグーンへ。

夜のトリトンズキングダムは、小さな光がチラチラゆれて、とってもきれいでした。
夜の

ちょこっと様子見・・・と思ったら、「どれかひとつなら、まだ乗れますよ」とキャストさんが言ってくれて、くらげに乗りました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
正式名称は<ジャンピン・ジェリーフィッシュ>だそうです。

閉園のアナウンスが流れる中、バスでホテルに戻ります。

あすの朝の開園時刻は8:00

提携ホテル宿泊者は15分早く入場できるので、もし早起きできたら7:45に入場できますが・・・この調子だと起きられないかも、とも思いました。

夜10時30分ごろホテルに戻ると、夫は部屋でくつろいでいました。子供と私は1階のコンビニでうどんやパン、パスタを買って遅い夕食を済ませ、この日はそのまま就寝となりました。

(子連れディズニー)いざパークへ!

写真撮影も終わり、やっとディズニーランドに入ります。

パーク入口は「ビビディ・バビディ・ブティック」の目の前なのですが、
どこから入ればいいかわからないので、ブティックの方に入口を聞きました。

真冬の平日、しかも全国的に天気が荒れるというニュースのせいか、すいているようでした。

「さて、なにをしようかな?」と私。

「うま!うま!うまにのる!くるくる回るやつ!」と次女。

まずは遊園地の定番、メリーゴーランドをめざします。

シンデレラ城を見上げならがら、お城の裏手に回り、

うまと、
うま

コーヒーカップと、
CA330019

空飛ぶぞうさんに乗りました。
ダンボ

全体的にすいてはいたものの、それでも少しは待ったり、どこに並んていいのかわからずウロウロしたりしているうちに、時刻は午後4時。そろそろ、なにか食べたいな。

と、目についた近くのレストランへ。
queenofhearts
そこは『不思議の国のアリス』に出てくる、トランプの女王のお店「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」でした。

午後4時という時間のせいか、待ち時間なく注文レーンまで進み、悩む時間もなく私の番に。自分用にステーキとライス、子供用にキッズプレートとコーンスープを2つずつ注文しました。
お子様セット
セルフサービスのお店なんですが、プリンセスの乗ったベビーカーを押していて料理が運べなかったので、キャストさんがテーブルまで運んでくれました。

R0017899-1
8歳の長女に、キッズプレートは物足りなかったらしく、次女のぶん(ゼリー以外)も長女が食べ、次女は私のライスを食べています。コーンスープは2人とも飲みほしました。

長女はもう、子ども用じゃないのだなぁ。

おなかがいっぱいになって、次女が眠ってしまったので、いったんホテルに戻ってチェックインすることにしました。

R0017906-1

宿泊する部屋に荷物を運び、「しばらく部屋で休もう」と言ったのが
午後6時10分過ぎ。ここで長女が大事なことを思いだします。

「プリンセスの写真、7時までに受け取るんじゃなかった?」

「あ、忘れてた!」

受け取るのは明日でもいいのか、電話して聞こうとしたけど、レシートに書いてある電話番号は6時まで。電話したときには、もう自動応答になってしまっていました。

「お店に戻るしかないみたい。行こう!」

ベビーカーで眠ったままの次女をバスに乗せ、ディズニーランドへ。「ビビディ・バビディ・ブティック」に着いたのが、午後6時50分。あぶなかったぁ。バスに乗るとき、運転手さんがベビーカーを持ち上げてくれるから助かりました。

「次女は寝てるけど、ちょっとだけ夜のディズニーランドも見て行こうか」と言って再入場すると、ちょうどシンデレラ城の前をエレクトリカルパレードが通り過ぎていくところでした。
パレート
(※画像は公式ページより)

きーれーいー。

とくにシンデレラの馬車がめっちゃきれい。

たまたまだけど、パレード見れてよかったなぁ。

長女を肩車しているうちに次女も起きて、一緒にパレードを見ることができました。

そのころ、夫が乗る予定の飛行機は遅れており、「いつ到着できるかわからない」というメッセージが来ていました。

(子連れディズニー)プリンセスに変身!

なにも知らずに歩きだした私と長女、そしてベビーカーに乗った次女は、何度か道を尋ねながらも、ディズニーランドホテルの売店に到着しました。

売店スタッフさんとは違う制服を着たお姉さんに「この子がドレスを着たいって言うんですけど」と言うと、「どうぞ、こちらへ(にっこり)」と案内され、売店の奥の扉が開きました。

そこは、「ビビディ・バビディ・ブティック」というお店でした。

なんだかよくわからないけど、3万6千円でドレスを着て写真が撮れるらしい。写真なしだと2万8千円。

七五三の写真と同じくらいだから、これで満足してくれるなら写真つきでいいかな、七五三は機嫌悪くて撮れなかったし、と思い、3万6千円のコースをお願いしました。

「75分ほどお時間がかかります」と言われて、「うぎゃっ・・・・時間がもったいない。とっととパークに行きたい。」と思ったのですが、次女はその気になっているし、もう流れに乗るしかありません。長女は「私は着なくていい。お化粧がイヤ。」と言うので、次女だけ変身します。
R0017889-1

ものすごい手際の良さで、みるみる魔法がかけられていき、
R0017893-1

あっというまにシンデレラになっちゃいました。
R0017895-1

写真館では、ふだん写真を撮らせてくれない次女が満面の笑顔で写真に納まっていました。まさに魔法です。すごい、すごいよ。
プリンセス
驚いたことに、このドレス、レンタルじゃなく持ち帰りなんですって。しかもドレスだけじゃなく、靴も、ティアラも、手袋も、お化粧に使った口紅、シャドウ、チーク、マニキュア、爪用シールまでも、すべて3万6千円の中に入っているんですって。

買い取りなので、この姿のままパークで遊べるというわけですね。

そういうサービスだったんだ、ビビデ・バビデ・ブティック。すごい。

しかも、衣装を着ていると、ディズニーランドでも、ディズニーシーでも、アンバサダーホテルでも、どこへ行ってもキャストのみなさんやスタッフさんが「プリンセス、ごきげんよう」と声をかけてくださったり、シンデレラ城で「おかえりなさい、プリンセス」と言ってもらえたり、一般のゲストの方まで「あっ、プリンセス」と声をかけてくださる方もいて、次女はもう絶好調で有頂天なのでした。

この特別扱いならば、3万6千円は安いかも?と思ってしまいます。

さらに、プリンセスと一緒にいるおかげで、いいことがたくさんありました。

キャストさんが声をかけてくれるため質問しやすかったのはもちろん、通りすがりのキャラクターとハイタッチできたり、パレード中のラプンツェルがジェスチャーで「後ろからシンデレラが来るよ」と合図してくれたり、マジックランプシアター(ディズニーシー/アラジンと魔法のランプのアトラクション)で舞台の上から「そこのプリンセスに、この花をさしあげましょう」「おっと保護者がにらんでる」なんて、いじってもらったり。

夢のようなひとときでしたね。

いつもの旅先では「おうちに帰りたい」と言う次女が、今回ばかりは「はっちゃん、帰りたくない。ディズニーランドに住みたい。」と言っていました。

帰宅したあと、自宅でドレスを着て、自分でお化粧をする次女。
R0017937-1

R0017940-1
ごきげんよう。