カテゴリー別アーカイブ: 3才

(真夏の子連れディズニー)1日目PM 移動こそ暑い

1日目後半です。ディズニーランドから、ディズニーシーへ。

移動を開始した私たちでしたが、これが意外に遠い。そして暑い。暑くて逃げ場がない。と大変でした。

前回は冬だったし、ディズニーランド→アンバサダーホテル(バス)、部屋で休憩→ディズニーシー(バス)という移動方法だったので、まったく楽々だったのですが、今回はランド→シーへ直接モノレールで移動しようとしたため、モノレール乗り場まで日陰がない、モノレール乗り場には冷房がない、モノレール降りてからも日陰がない、と、ないないづくし。

ディズニーシーについてからも、アリエルのお城まではカンカン照りの中を歩くわけでして、いやはや汗だくだくでした。

そして、アリエルのお城は混んでいました。

普通に考えて、涼しそうだもんね。

前回は待ち時間なしだったアトラクション(バルーンレース)に、40分待ちで乗って、残りはあきらめることに。「また明日、ここに来よう」と言って、またモノレールでランドに戻りました。

真夏の2パーク移動は、時間と汗の無駄だと知りました・・・(涙)

1日目は、ランドだけでよかったな。

そんなこんなで、やっと、ショーの時間です。「レッツ・パーティグラ!」前から3列目、真ん中席で、とってもよく見えます。
DSCN2740

眠くなってぐったりしていた次女も、ノリノリで応援していました。
DSCN2745

踊るおにいさんとおねえさんがかっこよかったです。
DSCN2749

私のカメラ(と腕前)では全体が写らなかったのですが、公式サイトで見るとこんな舞台です。楽しかった!
1506_main_visual_name_1

ショーを見て、「やっぱり、パレードやショーを見るのが醍醐味なんだなぁ」と決意を新たにした私は、「明日も抽選に応募しよう!」と心に決めて、ホテルに戻ったのでした。(バスでホテルに戻りたいお客さんが多い時間帯だったため、バスの座席はたたまれており、20分、立ちっぱなしでした。あうあうーー;)

(真夏の子連れディズニー)1日目 トゥモローランド

暑さに恐れおののきながら、そろりそろりと踏み出した、真夏のディズニーランド1日目。

前回はまっすぐシンデレラ城に向かって歩きましたが、今回は右のほうに行ってみました。右側の、白い貝殻みたいな建物の近くに行って、ショーの抽選をやってみようって思ったからです。
tdl_showlottery

見たかったのは、これ!Celebrate! Tokyo Disneyland というショーです。
1499_main_visual_name_1
ディズニー初心者で知識もない、予習もしていない私でも、「抽選があるくらいだからこれは『いいもの』に違いない」と思ったのです。

しかし抽選はハズレ・・・。

やっぱりそう簡単には当たらないよね・・・。

と思ったら、「レッツ・パーティグラ」というショーが当たりました。ショーの時間まで、暑さを避けながらてきとうに遊ぼう。

前回はまったく行かなかった、右側。そこは、宇宙っぽいエリアでした。
DSCN2709

「涼しいところで待てますよ~」という声に導かれ、どんなアトラクションかよくわからないまま、「スターツアーズ」に入場。次女の身長がギリギリだったので、ちょっと不安を感じましたが・・・涼しいから、いい。
DSCN2708

「スター・ウォーズ」の世界を3D映像で楽しむアトラクションでした。
スターツアーズ
ゆれるし、音が大きいし、だいじょうぶかなぁ・・・と心配でしたが、うちの子供たちは私よりも強いようで、ぜんぜん平気そうでした。

じつはこのあと、「スペース・マウンテン」のファストパスを取ってみたのです。けれども、ショーが終わるくらいの遅い時間だったこともあって、次女が眠くなってしまい、けっきょくこの日、ファストパスは使いませんでした。
411_main_visual_name_3

さて、「スター・ツアーズ」終了後、おなかがすいたので近くにあったハンバーガー屋さん(トゥモローランド・テラス)に入りました。
DSCN2712

DSCN2710

DSCN2716
席がたくさんあるから気楽だし、大きい店だから入り口も複数あって、入りやすいです。3日間でこの店にばかり3回も入りました。

あとで思えば、3日間で3回なんてアホみたい(笑)

せっかくだから別のレストランにも入ってみればよかったなーって思うけど、いざとなると暑い中店を探すのもイヤだったし、屋外で並んで待つのもイヤだったし、「頼んだものを子どもが食べなかったら、私が3人分食べなきゃだよね?」という不安もあり、ぜったい食べてくれるってわかってる店に入っちゃうのでした。

このあと、これまたすぐ近くにあった「スティッチ・エンカウンター」へ。
スティッチ2

あいかわらず予備知識のない私たちは、ステッチが話しかけてくることに超ビックリで、「どうなってるの?え?どういうしくみ?」「なんでお客さんと友だちなの?スタッフ?サクラ??」とリアルにザワついたのでした。
スティッチ
長女は特に、この「スティッチ・エンカウンター」が気に入り、翌日も入場することになります。2回目はまた違うストーリーで楽しめました。

さて、まだショーの時間になりません。

「シーにも行きたい」「アリエルのお城!」とせがむ子どもたちのリクエストに応え、ここでいったんディズニーシーに移動します。

(子連れディズニー)勝手知ったるビビディ・バビディ・ブテッィク

さて、ディズニーランドではまず、次女のリクエストでプリンセスに変身するため「ビビディ・バビディ・ブテッィク」に向かいます。

外で待っていてもひたすら暑い!!!!!!!ので、予約の時間になるまで「東京ディズニーランドホテル」のロビーでしばし休憩です。はぁ~、涼しい!!こちらの内装はさすがの高級感。いるだけで気分はリッチなのでした。
DSCN2685

予約の時間になりました。
DSCN2686
前回、なにも知らないまま、この「ビビディ・バビディ・ブテッィク」にたどりついて3万6千円を支払い、シンデレラに変身した次女でしたが、今回はドレス持ち込みでヘア&メイクだけしてもらう「クラウンコース(約9千円)」を予約して行きました。

電話予約はできないので、WEBで予約するのですが、他のコースは空いていても「クラウンコース」は満席になっていて、なかなか予約できなかったのです。これ、たぶん予約をしぼってるんだと思います。直前くらいになったら1席だけ空きがでたので、サッと予約を入れました。まあ、予約取れなかったら、私が髪を結ってやろうと思っていたわけですが。

DSCN2733
「ここ、2回目です」「パパはおしごと」と語りながら変身していく次女さん。

DSCN2701こんないでたちで、これから真夏のディズニーランドへ突入します!外は暑いぞ~!

東京ディズニーセレブレーションホテル

前回ディスニーアンバサダーホテルに宿泊したとき、「次回はディズニーランドホテル(ディズニーランドの正面にあるホテル)に泊まりたいと思います!」と言っていたのですが・・・お値段に負けて、今回はディズニーランドホテルよりお安めの「東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュ」に泊まりました。
DSCN2676

どのくらい値段が違うかというと旅行の約2ヶ月前、5月の段階でディズニーランドホテルが2泊で15~16万円(3名分合計。以下同じ)、セレブレーションホテルが2泊で76,800円(税込)と2倍の差。さらに、宿泊前日になると、ディズニーランドホテルの値段は変わらず15~16万円、セレブレーションホテルは57,600円(税込)に下がっており、安いお部屋に予約変更したので、2泊で10万円の差が出ました。

出発直前まで、ディズニーランドホテルに宿泊する可能性を模索していた私ですが、今回は、夫のマイルで母娘3人飛行機にタダ乗りした上に、その夫を家に置いていくとあって、さすがに10万円上乗せするのは、、、と、ちょっと遠慮したわけです。

ちなみにホテルの値段は、1週間違うだけでも数万円単位で変わってきます。上の値段は、夏休み最初の月~水でしたから、夏休み期間としては安いほうだと思いますが、6月はもっと安かったです。

(※宿泊料金の変更に伴い、中庭が見えるガーデンサイドの部屋から、道路側の部屋に変わりました。部屋の広さや内装は同じです。2ヶ月前にはお安い道路側の部屋は予約できなかったので、直前に空いていれば安く出すし、混んでいれば高く売るのだと思います。)
DSCN2680

「東京ディズニーセレブレーションホテル」も、ディズニーホテルなので、

●一般の入場者よりも15分早く入場できる(8:00OPENの日なら、7:45に入場開始)

●1日目からディズニーランドとディズニーシーを行き来できるチケットを買える

●キャラクターに会えるレストランやビビデバビディブティックなどの予約が優先的にできる

●ホテルでディズニーのお土産が買える

というメリットがあります。

とくに、レストラン予約は、前回せっかくアンバサダーホテルに泊まりながら行けなかった「レストラン シェフ・ミッキー」の予約をしたいと思っており、実際に予約できたので、「東京ディズニーセレブレーションホテル」を予約してよかったと思うところです。

デメリットは、

●ディズニーランド&シーまで、バスで20分かかる

つまり、けっこう遠いのです。

片道20分という時間は、1日1往復ならどうってことないのですけど、2~3往復しようとなると、時間も体力も、けっこう削られます。前回泊まったアンバサダーホテルがいかにパークに近かったのか、バスの窓から見て思い知ることになるのでした。

DSCN2678
内装がかわいい「東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュ」。2人はロビーのソファーに座ってテレビを見ており、なかなか部屋に行こうとしないのでした。

(子連れディズニー)真夏のディズニー編はじまります

長女の夏休みが始まってすぐの平日に、2泊3日でディズニーランド&ディズニーシーに行ってきました。

今年に入って、まさかの2度めディズニー。

しかも、真夏。

しかもしかも、私と長女と次女の3人だけで。(夫は仕事)

どんな旅だったのか、記録を残しておこうと思います。