カテゴリー別アーカイブ: 3才

3歳娘とわたしの天才的な会話

7月も、後半です。

「3才」カテゴリーに記事を投稿するのも、あとわずか。
成長が楽しみな反面、さびしくもあり。

そんなある日の、会話から。

次女「なぞなぞで~す!はっちゃんの鼻に入ってるものは、な~んでしょうか~?」

わたし「手」

次女「ぶっぶー!ゆびでした!」

わたし「えー、手じゃダメなんですか?」

次女「だめです。手っていうのは、ここ(手のひら)のことです」

わたし「ちがいます、そこは手のひらです。ここは指で、手のひらと指を合わせて『手』です。だから、はっちゃんの鼻に入っているのは手でもいいと思うんですけど。」

次女「だめです。手のひらまで全部入っていれば、『手』でいいけど、手のひらは入ってないんだから、『ゆび』です。」

わたし「なーるーほーどー。たしかに!」

うちの子、天才!って思ってしまいました。親ばかですみません。

雨の中でも砂遊び

芝生に新しい砂を入れることにしたので、ホームセンターで「遊び砂」というのを買ってきました。

夫が言うには、川砂よりも「遊び砂」のほうが軽くて粒子が細かいから、芝生に伸ばしやすいんだそうです。「珪砂」でもいいそう。

乗用車のトランクに入れて運んだので、車のダメージも考えて、20kg×6袋購入しました。実際には、もうちょっと(あと4~5袋)ほしい感じです。

せっかくなので、芝生に伸ばす前に、山盛りにして子供を遊ばせてみました。まあ大喜び。近所の子も加わって、型抜きしたり、泥水を作ったり。

そうこうしているうちに雨が降ってきたので、傘をさしてやりました。
雨の中でも2

「まだ雨があたる」「こっちにも雨がくる」という声にこたえるうちに、傘は、すっぽりとドームのようになりました。これはこれで楽しそうです。
雨の中でも1なにを話してるのか、にぎやかな笑い声が家の中まで届いていました。

「おかねもちになりたい」って3歳が言う

今朝、早起きした次女が言うのです。

「はっちゃんね、おかねもちになりたい」って。

おお、ついに。

次女にもお金という概念が!めばえた(喜)

すかさず私は、言いました。

「うちがお金持ちになるためは、こどもの協力が必要だね」

「こどもは、どんなことを協力すればいいの?」

「遊ぶとき、お金のかかるところに行かない。〇〇ランドはお金がかかるから、ブランコとかすべりだいとか、タダのところで遊ぶ。」

※〇〇ランドはディズニーランドではなくて、近場にある有料施設です。

「わかった!それなら、はっちゃん協力する!できるし!」

というわけで、お金教育の第一ステップは終了。

この先、

・お菓子を食べるよりも、ごはんをちゃんと食べるほうが経済的

・作れるものは買わずに作る

・無駄な買い物はしない、買ったものは残さず食べきる&使い切る

を教えていこうと思います。

長女が3歳の時は、「お金は預けておくと増える」というところから始めて、その後長女は、かなりケチケチに育っており、夫や次女がペットボトルを買っていても、お菓子を買っていても、「自分はいらない」「お金がもったいない」と言います。

えらい!(笑)

だけど、行き過ぎるのも、不安(^^;)

・使うところではちゃんと使う

というのも、大事だし、

・稼げる大人になる

も、大事です。

あとは、できるだけ健康でいること、かな。

タイプの違う娘たち、どんな大人に育っていくのでしょう。

「アンパンマン」卒業?

長女が赤ちゃんのころは、家にも保育園にも、テレビがありませんでした。

だから長女は実家や友人宅などでテレビを見ると、めずらしすぎて目が釘付けになり、テレビから離れない状態になりました。

大人2人での生活が長く、テレビなしでも暮らせていた私たち夫婦(プレステなどのゲームはPCモニターにつないでやっていたけど)は、そのとき初めて、「娘はテレビに慣れたほうがいいみたいだ」と判断し、長女が1歳になったころにようやくテレビを買ったのです。

初めて家にテレビが来て、アンパンマンを見て、そりゃもう、ものすっごくハマりました。録画したアンパンマンを夜中まで何度も何度も見て。311の震災の後は、何週間もアンパンマンの放送がなく、困ったりもしましたっけ。

そんな長女も、2歳半のときアンパンマンを卒業しました。
偶然見た「スマイルプリキュア」に夢中になって、スパッとアンパンマンからプリキュアに切り替わり、その後ドラえもんやジブリに移って行ったのでした。

次女は、生まれたときから家にテレビがあり、DVDもいっぱいあって、保育園でもテレビが流れている環境で育ちました。

赤ん坊のころはテレビにまるっきり興味がなく、それでも1歳近くなったある日突然、アンパンマンにハマりました。その後、3歳になっても卒業せず、プリキュアやジブリも見るけどアンパンマンが一番好き、という状態が続いていました。

わたし的には、テレビに残っている古い録画を消せないのが、地味につらかったです。テレビの録画画面がアンパンマンアンパンマンアンパンマン・・・。消すと怒るのーー;

ところが昨日、突然「もうアンパンマン見ない」と言いだしました。

なにがあったのか?

こちらは、「しまじろう」にハマりました。

アンパンマンよりも、しまじろうが面白いと感じるようになったらしいです。

「しまじろう」って、お友達とケンカしたり、思わず嘘をついてしまったり、妹の面倒を見るのがイヤになったり、ママにぎゅーっとされたいけど友達の前では恥ずかしかったり、まさに今、3~4歳の子の微妙な心理にフィットしてる感じ。

しかも、アマゾンのプライムビデオで過去に放映されたお話が大量に見られるので、常に新しい話を見続けられる状態!

朝、起きられなくてぐずっていても、「しまじろう見る?」と言えば起きてくれるし、お友達と遊んでいるしまじろうを見ると自然に保育園に行きたい気持ちになるようで、朝の準備が少しだけスムーズです。しまじろうさまさまです。

ずっと赤ちゃんだと思っていた次女も、ちゃんと年齢なりに成長しているんだなぁ、いやでもアンパンマン卒業ってできるのか?あんなに夢中だったのに?と、まだ不思議な気持ちです。

いなくなったおともだち

昨日の夕方、娘たちを迎えに行ったあとの車内で、次女が突然言うのです。

「おともだちが、いなくなっちゃったんだ」って。

なにごとかと思って聞き返すと、

「かにさんのマークのおともだちだよ。あかちゃんのころから仲良しだったのに。ほかのほいくえんに行っちゃったんだ。もう会えないんだよ。」

かにさんのマーク・・・

それは、たしかに、れいちゃんというお友達のマークでした。

れいちゃんは、次女と同じく生後2ヶ月から保育園に来ていた子で、4月生まれなので、次女よりも4ヶ月長く園にいた、クラスではただ一人の先輩なのでした。

よくおぼえているね。

感心してしまいます。

だってね、れいちゃんが別の保育園に移ったのは、昨年4月のことなのです。新年度に変わるタイミングで、転園したんです。10ヶ月も経ってから、ようやく気付いたかぁ。

いやしかし、よくおぼえていたね。

3歳になると、新しいお友達がどんどん入園してきて、れいちゃんがいないことに気付いていなかったから、そのまま忘れると思ってあえて話題にしなかったのですけれど。

「だいじょうぶ、中学生になったら同じ中学に通うんだから。また会えるよ。」と私。

「そうそう、おねえちゃんにも、そんなおともだちがいるよ。」と長女。

次女は「そうかなぁ」と言っています。

1歳で別れたまおちゃんと、2歳で別れたれいちゃん。成長した2人に会える日を、母もずっと楽しみにしているのです。