カテゴリー別アーカイブ: 3才

ママが2人いればいいのに・別の日

これは、また別の日のお話。

家事が片付かなくてバタバタしているとき、「あそんで!あそんで!」と足元にまとわりつく次女に、やっぱり言ってしまいます。

「ママが2人いればいいんだけどね」

「じゃあ、買えばいいじゃん!」

おぉ、建設的なアイディア!それはもうこころみたのだよ。(漢字で書くと、「試みた」)

「うん、そうなんだよね。ママもね、もうひとりママを買おうと思ったことがあったんだよ。」(家事代行サービスのことね。)

「どうして買わなかったの?」

「パパがね、イヤだって言ったんだよね。ママと同じような人だったらよかったかもしれないけど。同じ人って、なかなかいないものだから。」(あくまでも家事代行サービスのスキルのことだけどね。)

そこで長女が、
「パパがイヤだったら、しかたないよ。あきらめよう、はっちゃん。」

そんなこんなで、やっぱり
「じゃあ、はっちゃんが産むしかないね!」になるのでした。

ママが2人いればいいのに

夕食の片づけ中が、いちばん忙しい時間かもしれません。

夫と長女、準備するのは手伝ってくれるけど、自分が食べた食器は運んでくれるけど、食べこぼし、食べ残し、痛みそうなものは捨て、明日も食べられそうなおかずはラップして冷蔵庫へ……という作業は、私の仕事です。

食器洗いは夫の分担ですが、洗いやすいように鍋やボウルなどの大物は洗って寄せておく、食洗機の中の食器を棚に戻す、茶わんや皿を予洗いして種類ごとに重ねておく、という作業は、私がやっています。

家族はもうくつろいでいて、次女が「ママー、えほんよんでー」と言ってきます。

「あのねー、ママがもうひとりいたら、絵本読んであげたいんだけどね。片づける人はママしかいないからねー」と、お話しながら、作業していきます。

すると次女、

「あっ、もうひとりママがいればいいんだ!じゃあね、はーちゃんが、もうひとりママを産んであげるね!」

「えっ、いま?」と聞いたら、

「いまはむりだよ、はーちゃん、まだ赤ちゃんだもん。おっきくなってからだよ~」

そう言って、ケラケラ笑うのでした。

長女は、
「痛そうだから、わたしは産まないよ。ぜったい産まないよ!」と言っています。

次女は、
「はっちゃんが産むからだいじょうぶ!まかせておいて!」と言っています。

そうだね、いつかはママのこと、楽にさせてくれるんだよね。

何年後のことでしょうかねぇ・・・・。

3歳、発熱。(39.0度)

ある日の夕方、次女を保育園に迎えに行ったとき、
なんだか抱っこが熱いな、と思って熱を測ると、38.0℃でした。

鼻水もなし、咳もなし。

いつもよりちょっとわがままなくらいで、食欲はあるし、元気いっぱい。
なんの熱だろう、これ。また突発?3回目よ?

夜になって、いったん眠りについたものの、10時半ごろぐずって、再度熱を測ると、39.0℃になっていました。

泣きながら、げっ、げっと吐こうとするんだけど、もう胃になにも残っていなくて吐くこともできない様子で、つらそうです。半分寝ている手足がビクッとするたびに、親もビクッとします。

救急外来につれていったほうがいいか、迷います。

が、

この日は熱さましの坐薬を入れて、様子を見ることにしました。

「おなかがいたい」とか、「頭が痛い」とか、はっきり痛い場所がないときは、救急外来につれて行っても、熱さましだけ処方されて帰される……長女が小さかった頃に何度も経験しています。

ただし、子どもが「おなか痛い」と言って泣いておさまらず、便も出ないときは、熱がなくても、夜中でも救急外来につれて行っていいと思っています。痛い、というのは、とても大事です。

翌朝、熱はまだ38.0℃あり、小児科を受診すると、
のどが赤く腫れて、水ぶくれになっているとのこと。

「ヘルパンギーナ」と診断されました。

高い熱が2日続き、その後2~3日はのどが痛くてなにも食べられないというのが症状だそうです。

だいたい5歳くらいまではよくある病気で、5歳過ぎるとあまりかからなくなるのだとか。

お医者さんに「アイスとか、コンデンスミルクとか、のどにしみにくいようです。みかんはしみます。味噌汁もしみます。食べられるものはなんでもいいので、カロリーと水分を取らせるように。三食コンデンスミルクでもいいです。夢のような3日間を過ごさせて。」と言われました。

「ウィルスなので、抗生剤は処方しません。いちおう、痛み止めは出しますが、飲まなくても治りには影響しません。」とも。

その薬も、帰宅してすぐは飲めたのですけれど、受診時よりも帰宅後にのどの痛みがひどくなっていったようで、数時間後にはなにを食べても痛がって泣き、薬も飲めなくなりました。

ジュースやイオン飲料もだめで、けっきょく赤ちゃん用の粉ミルクを買ってきて、哺乳瓶で飲ませました。ミルクを200ml飲んでくれると、一安心です。(プライドが傷ついたようではありますが・・。)

そんなこんなで、平熱に戻ったのが、発熱から36時間後。ふつうにごはんを食べられるようになったのが、72時間後でした。

早朝ピクニック

朝7時前、長女の弁当(学童保育用・夏休みなので)を作っていたら、
次女に「はっちゃんのおべんとうもつくってぇ」と言われました。

朝ごはんを弁当箱につめてやると、

「わ~い、これもってピクニックにいこうよ!」

平日。普通に仕事の日です。

でも、近くの公園で10分くらいなら、なんとか時間をつくれるかもしれない。

急いで長女と夫を起こし、長女の朝食(しらすごはん)と紙パックのジュースを持って家を出ました。

滞在可能な時間は、10~15分。気持ちは焦り、内心ハラハラしています。

しかしまあ、いざ歩いてみると、朝の公園って、なんてきれいなんでしょう。なんとも言えない気持ちよさです。こんなさわやかな場所で朝食なんて、貴族みたい。子どもたちもさくさく食べてくれて、ちゃんと時間内に、ごきげんで登園できました。
DSC_6878
手をつないで芝生を走る姉妹の、なんと愛らしいこと。

平日の朝にこんな時間が取れるなんて、思ってもみなかった。次女のわがままにつきあうと、いいこともあるんだなーと思ったことでした。

たまには、こんな日も。

看板猫のいるカフェにて

パソコンを整理していた夫が、こんな1枚を見つけました。
DSC_9412
長女が3歳のころ、とあるカフェの入り口で撮った写真です。
バラの季節で、カフェの周りにもたくさんの花が咲いていました。水を飲もうとしているのか、看板猫が花で埋まったバケツに首を伸ばしています。

私も夫も庭作りに夢中で、あちこち見て歩いていた頃でした。娘も、よく連れまわされていました。写したときはなにも考えていなかったけど、後で見ると夢のようです。