カテゴリー別アーカイブ: 2.子育て

もうすぐ3歳

まだ1ヶ月先ですが、日々3歳になるプレッシャーと戦っている次女です。

(1)
おじいちゃんに「プレゼントはなにがいい?なーんでも買ってあげるよ。山と海以外なんでも買ってあげる。」と言われたのが、よほどうれしかったようで。

「おじいちゃん、なんでも買ってくれるって言った。」と毎日言ってきます。

で、なにがほしいのかというと、「ブロッコリーとかばぼこ(かまぼこ)」だそうです。

(2)
2歳ちょうどでおっぱいを飲むのはやめたのですけど、いまだに寝るときはおっぱいをさわってしまいます。

3歳になったら、さわるのをやめるそうです。

「おおきいまるいケーキをたべたら、おっぱいさわるのやめるんだ~」
そして毎日「はっちゃん、まだ2歳だよね?」と確認してきます。

(3)
たんじょうびプレゼントも、サンタさんが持ってきてくれると思っています。

「サンタさんはなにをもってきてくるの?」

「いまは夏だから、サンタさんは来ないんだよ」

「えっ?じゃあだれがはっちゃんにプレゼントくれるの?」

(おまけ)
夫とわたしが「キジ(鳥の)」の話をしていたら、「キジって、ここのことだよね?」とヒジを指さして言いました。

「そこはヒジだな」「ヒジだよ~」と家族みんなに言われて、もうすっかり「???」となってしまい、以来、「ヒジ」って言えなくなってしまいました。

「ここは?」「あし」

「ここは?」「おひざ」

「ここは?」「おてて」

「ここは?(ひじ)」「わかんない、わすれちゃった」

雨の日は、科学実験で遊ぶ

今日は朝から、どしゃぶりの雨です。川の氾濫がこわいので家で遊びます。
科学実験

長女が作った結晶です。
結晶尿素の粉末を水に溶かして「飽和水溶液」を作り、ろ紙で吸い上げて結晶を作るというもの。(キットが市販されています。)

こちらは、水で膨らむ不思議なビーズ。ウォータービーズです。
ウォータービーズ

水でふくらんだビーズを、次女は手で割って遊んでいます。
カラーポリマー

本来の目的は「インテリア」らしい。
カラーポリマー1

こちらも、水でふくらむ仲間です。絵の具で好きな色を作って、白いポリマーを入れると・・・。
ポリマー炭酸飲料が飲みたくなるなにかが完成(笑)

奥入瀬渓流に行ってきました。

今年の夏は「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に泊まりたい!!と思って、
5月ごろからホテルのWEBサイトで空室をチェックしていました。

夫の希望は、6月。新緑の奥入瀬に行きたいと言っていました。

しかし、週末はほとんど満室。

夏休み中は、週末だけでなく平日もずっと満室です。

すごいな、ほんとかな、ほんとにこんなにお客さんいるのかな、もしかして10室くらいしかないのかな、などと思いながら毎日空室をチェックしていたら、ポッと土曜日に空室が出ていた日があったので、すかさず予約を入れました。

(実際に行ってみたら、10室なんてことはなくて、ちゃんと満室で、大勢のお客様でにぎわっておりました。)

冷たい水に素足でごきげんな長女。
DSC_6321-1ここは奥入瀬渓流ではなく、鹿角市にある「中滝ふるさと学舎」の裏にある小川です。「こもれびカフェ」でランチをしたついでに寄ったのですが、川遊びができて子どもたちは大喜び。なかなか帰ろうとしませんでした。

午後3時「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」にチェックインして温泉に入り、夕食までの時間に散歩しました。
DSC_6352-1ホテルから歩いてすぐのところにある木道です。

客室にあった足マッサージの機械。
DSC_6344-1夫は痛くてダメだとても耐えられないと言い、長女は気に入ってごりごりされてました。

ホテルの裏手。徒歩0分で奥入瀬渓流です。
DSC_6485-21階レストランのそばにあるロビーを抜けると、すぐに渓流に降りられます。朝食後に遊びました。

チェックアウトは昼12時。
DSC_6509-1チェックアウトした後、奥入瀬渓流を散策。次女は朝のうちに水に落ちたので、長靴での散策となりました。

夫は早朝5時30分からのサイクリングプログラムにも参加し、たっぷりリフレッシュできたようです。

イヤイヤ期が終わらない(2歳10ヶ月)

私、イヤイヤ期を誤解していました。

思っていることをうまく言葉にできないから、いら立ってイヤイヤすると思っていたんです。

なので、言葉が話せるようになれば、イヤイヤ期は終わるものだと思っていました。

けど、終わらない。

次女はものすっごく流ちょうにしゃべり、7歳の長女よりも、ずっとなめらかに日本語をあやつります。

そんな子でも、あれもイヤ!これもイヤ!って、スイッチが入ると全く言うことを聞かなくて、どうしようもないときがあります。

抱っこしてウロウロしながら、なだめるように背中をトントンしながら、私、本当は叩きたい気持ちになってます。

で、イヤイヤスイッチが切れて、もとのかわいいはっちゃんに戻るきっかけがまた予測不能で。

昨日は、1時間近くぐずり、うなっていたのが、家の中にハエが一匹いるのを見つけた瞬間コロッと態度が変わり、「あの、ぶらさがってるやつでやっつければいいんじゃない?」と明るい、かわいい声が出て、ハエたたきを持たせたら「そうそう、これこれ」と言って、笑顔になりました。

次女がハエたたきを振り回しても、ハエは倒せなかった(たぶんまだ家にいる)んですけど、イヤイヤスイッチが切れてくれるのなら、もうなんでもいい。ハエだって、ありがたいくらいです。

言葉が早く、イヤイヤ言い始めるのも早かったけれど、終わる時期が早いとは限らないのだな・・・と、次女を見ていて思うのでした。いつまで続くのかなぁぁぁぁぁ。

親が知らない子供の世界

近所に住んでいる長女と同級生の女の子が、

「いま学校で付箋を交換するのが流行ってるんだよ」と教えてくれました。

そのとき長女は別の子と遊んでいて、その場にいなかったので、

「へー、知らなかった。うちの子はどうしてるのかな。買ってあげたことないけど。」

と答えました。

「でも、先生に見つかると怒られちゃうの。だから家で交換したいな」とのこと。

そういえば、付箋、もらって来たことは、何度かありましたっけ。

どうしてるんだろう、うちの子。

——————————–

長女と二人っきりの時に聞いてみましたところ、こんな答えが返ってきました。

「あー、わたしも持って行ってる。」

「え、そうだったの?」

「家にあるただの四角い付箋を持って行ってね、自分で絵を描いて、『わたしのオリジナルだよ』って渡してた。」

「おー、そうだったのか。全然気づかなかったよ。」

「でしょうね~」(得意げ)

それを聞いて、なんだかとっても、うれしかったのです。

「流行ってるから買って」と言わないところ。強いなって。

私は甘い親なので、「買って」と言われたら買ってあげたと思うのです。

でも同時に、先生に見つかったら怒られるようなことを許すのもどうかと思うわけで。

子どもが自分で落としどころをみつけたのかなぁ、たくましいなぁ、って。

——————————–

そんな長女、現在「カブトエビの飼育セットを買って!買って!買って!お願い!」と、猛烈アピール中です。

買ってあげますよ、もちろん。