片づけなくてもいい家

今日の朝日新聞26面に「片づけなくてもいい家」という記事が載っています。
ミサワの新商品になるらしいです。詳細を見ると・・・

・玄関とリビング双方から出入りできる蔵=宅配の荷物や資源ゴミの一時保管場所に
・1階と2階の途中のスキップフロア=おもちゃを散らかしておいてもリビングはスッキリ
・洗濯物を干しっぱなしにできる「室内干し専用の部屋」衣類はたたまず、干してあるのを着る

おぉ!まさに我が家が目指した姿がそこに!

記事の家は2階建てなので、洗濯機~室内干し部屋までの距離が遠いことがちょっと残念ですね。妊娠中とか赤ちゃんがいるうちは、洗濯かごを持って階段上るのは大変ですし、たぶん、老後も大変なのではないかと・・・。できれば、室内干し部屋は1階にあるほうがいいと思います。

うちは、洗濯物は寝室に干し、収納も寝室に。入浴後はバスタオルのまま寝室に移動し、汗が引いたらパジャマに着替えます。当面、間仕切り収納は壁に寄せて、広く使う予定です。
10

寝室の南側に、これをつけてもらいます。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

つける?つけない?太陽光発電

太陽光発電システムについて、夫は「つけたくない派」、妻は「つけたい派」でした。

「つけたくない」理由は、
・取付費用が高額なこと(売電では費用回収できないだろう)
・壊れたときに費用が発生すること
・屋根が傷みそう

「つけたい」理由は、
・娘のため
(小学校の高学年くらいになったたとき、地球温暖化を憂いるであろうから)

この議論は長い間平行線をたどっていました。妻的にはお金の問題じゃなく気持ちの問題なので、たとえ赤字になろうとも、エコな家にこだわりたいのでした。そんなとき、あの大きな地震があり、電気に対する世の中の考え方も大きく変わり、けっきょく、うちは太陽光発電システムをつけることにしました。
しかし、そのころはまだ誰も(営業も上司も)知らなかった。デザイン重視のミサワの家にとっては致命的な、恐ろしいデメリットがあることを・・・・

・太陽光パネルは、かなり重い!
・家を頑丈にするため、壁が増える!!
・つまり、家のデザインが変わってしまう!!!

最初からそれを知っていたら、妻も「太陽光パネル、いらない」と言っていたかもしれません。
家の顔とも言える大きな大きな窓の一部が、壁になってしまいました・・・。

土地決済

3月中旬に手付け金(10%)を支払っていた土地の残金を、今日支払いました。
さきほど、不動産屋さん立会いのもと、司法書士から権利書などの説明を受けて、いよいよ土地が自分たちのものになりました。

土地の登記には、実印と住民票が必要でした。

実印は持っていったものの、住民票を持っていかなかったので、説明終了後に市役所に行って司法書士に届けました。

蔵をつけるか、つけないか

蔵をつけると、建築費は高くなります。
(うちの間取りだと、ウェブダイレクトで単純に試算して、160万円UP。)

蔵なしならリビングとつながった広い空間ができるけど、
1.5階を作ると壁が立ち上がるので、リビングは狭くなります。
(子どもが走り回れる、広いリビングがいいんじゃないか・・・)

階段部分はデットスペースになります。
(階段になる部分を物入れにすれば、収納力は変わらないかも・・・)

蔵は、ミサワのウリだけど、メリットばかりでもなく、
蔵ありにするか蔵なしにするか、けっこう迷いました。

家の外観も、蔵なしのほうが平屋らしくてかっこいいです。
蔵ありは屋根が半端に高くなるので、ちょっとバランスが悪い気がします。

それでも、うちは蔵あり、を選びました。

理由は、収納ではなくて、
・猫を蔵に閉じこめておけば、家中の窓があけられる。
・玄関~蔵~リビングがつながっているので、子どもなら走り回れる。
・子どもは2階のある家が好きだから、1.5階でも階段があれば喜ぶだろう。

「猫を閉じこめる」というと、ちょっと聞こえが悪いですが、うちの猫たち(3匹)は巨体なの(約10kg)が混じっているため、ヤツが網戸によじ登ると網戸が破れるのです。なので、現在猫の部屋になっているリビングは、一年中ガラス窓を開けずに過ごしています。風が家の中を通り抜けないのですね。

蔵の広さは約6畳あるので、そこにトイレや猫エサスペースを取って、爪とぎ柱や猫ベッドを置けば、猫を閉じこめても大丈夫だろうと考えました。いつでも窓を開けられます。家の中を風が吹き抜けていくことでしょう。蔵の中には、玄関から続くタイルスペース(オプション)があるから暑い日も腹をつけて涼めるし、猫の目線になる低い位置に横長の開かない窓(オプション)もつけました。

名付けて「猫蔵」・・・猫は気に入ってくれるでしょうか。実用が楽しみです。

ちなみに、蔵の扉は、スマートスタイルAのカタログでは本棚になっていますが、これはオプションで、標準は白い壁になるそうです。私はリビングに本棚を置きたくないので、白い壁のほうがいいと思い、扉は標準にしてもらいました。蔵の床はリビングと同じフローリングが標準です。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

実物を見る

 営業マンとの話し合いが進んでいく中で、スマートスタイルAの実物を見せてくれました。

 予備知識として、リビングの前の6枚の窓のうち、1枚が壁になっている事を聞いていました。私が住んでいる地域では、補強のため壁が増えてしまうそうなんです。

 そこは、私たちが予定している25坪タイプではなく、23坪タイプでした。タイプは違っても、リビングの広さが少し違うのと、風呂と洗面所の位置が違うだけなので、とても参考になりました。本来(カタログでは)窓であるはずの、壁になってしまった部分も確認しました。蓄暖を設置した場合の暖かさも確認できました。

 とても快適でした。オーナーさんはこの日初めて会った人なので、その点では緊張するんだけど、室内の快適さで体がくつろいでしまう。あと、外のデッキ部分(カタログと同じ)も、ジャストサイズというか丁度よくて、気持ちがよかったです。1歳の娘はデッキがとても気に入ったようでした。ここでデッキは必須アイテムになりました。