カテゴリー別アーカイブ: 15.残念&失敗した話

態度が悪い職人が来た

 外壁工事の職人さんの態度がひどいんです。二人組みで来ていて、その片方ですが。

 初めて会ったのは昼休みをとっているところでした。私が様子を見に行ったとき、休憩はしているけどこっちに気づいているようだったので「ご苦労様です」と声をかけてみました。私の目を見ながらも無反応。聞こえなかったのだろうかと思い、今度は「○○です。よろしくおねがいします」と言ってみました。そこでやっと反応してくれました。めんどくさそうにうなづいていました。反応はそれだけ。しょうがない人なんだろうなぁとは思いながらも、嫌な気分になりました。

 そして昨日、昼休みをとっている時間に様子を見に行きました。歩いてくる妻がイライラしていました。どうしたのか聞いてみると、その人が目の前を歩いて来たので声をかけたけど、完全に無視されたということでした。

 無視ってひどいですよね。

 もしかしたら耳が聞こえない人なのかもしれないけど、それならそれで、何か合図するとか、聞こえないということをアピールしてくれてもいいと思うんだけど。でも、たぶん、耳が聞こえないのではなくて、そういう人なんですね。まあ、きちんと仕事をしてくれればそれでいいです。気分悪いけど。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

露出を高めるため、ブログ村に参加しています。
一戸建 ミサワホーム  一戸建 平屋住宅 一戸建住宅(施主)
ご縁あって同じ村に登録したみなさんと、仲良く情報交換していけたら、とても嬉しいです。

ランキングの設定を間違えて、ミサワホームのランキングから消えてしまいました。今月はもう変更できないのでこのままです。8月になったら戻します。

また打ち合わせと違っていた

カテゴリ「外観」のエントリーに載せている画像にあるように、デッキ部分(引っ込んでいるところ)の外壁はNEセピアになるはずでした。

打ち合わせ図面
1

ミサワのホームページから拾ってきた画像をいじって作ったイメージ画像
2
濃いグレーの外壁がNEセピアです。

外壁の工事が進んでいたので、ここが仕上がっているのを見るのを楽しみに現場に向かいました。でも、そこにあったのは
3
違うものでした。これはNEホワイトです。

現場にいる人に「そこの外壁が違うみたいなんですけど」と話しかけてみました。持っている図面だと白になっているし、モノも無い。現場監督に話してくれと言われました。監督に電話すると「私もそのよう(NEホワイト)に聞いているけど、確認してみる」という返事でした。

数十分後、取り替えるという返事が返ってきました。内部で行き違いがあったようです。ただ、部材は取り寄せることになるので、時間がかかるようでした。

また、おあずけか・・・

まあ、引渡しまではまだ日数があるし、ソレまでに間に合えば良いだけなので問題は無いんですが、完成した外観を早く見たいって気持ちがありますからねー。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

露出を高めるため、ブログ村に参加しています。
一戸建 ミサワホーム  一戸建 平屋住宅 一戸建住宅(施主)
ご縁あって同じ村に登録したみなさんと、仲良く情報交換していけたら、とても嬉しいです。

打ち合わせと違っていた;;

 昨日、工事中の現場をのぞいたら、打ち合わせと違う部分がありました。カウンターの足にするつもりだったところ(パネル)が、高さ90センチ位のつもりが、設計さんにうまく伝えられなかったみたいで、天井まで立ち上がった壁になっていました。さらに、そのカウンターは奥行きが30センチ位なのに、足になるはずの部分の奥行きは50センチ位ありました。構造体のパネルとは接着剤とスクリュー釘でがっちりくっついてしまっているだろうし、もうこのまま行くしかないのかと、かなりしょんぼりな状態でした。

 もちろん、すぐにミサワの現場責任者に何とかならないかと相談しました。

 そのことについて、今日の上棟立会いで説明がありました。修正はできるみたいでした。カットして接着剤のところまでサンダーをかけるとか言ってました。最初のイメージどおりにできそうなので良かったです。こんなことのための上棟立会いなのでしょう。

 無駄な部材の発注をしてしまったことと、無駄に部材に傷をつけてしまうことになるということでかなりへこみましたよ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへにほんブログ村

もっと平屋住宅ブログをチェックしたい方はこちらが便利です。平屋を選んだみなさんゆえ、同じ匂いのするブログがいっぱいです。→にほんブログ村 一戸建て平屋住宅

床下収納なんて、大嫌い

借家に、床下収納があります。洗面所にも、トイレにも、台所にもあります。私がとくに嫌いなのが、ここ。台所にある、大きな床下収納です。
1310256117
ふちの金属を踏むと、全身がビリビリするほど冷たいのです。冬なんか、心臓が止まりそうになります。この冷たい金属が、流し台からガス台の、一番多く動き回るところについています。ガムテープを貼っても冷たいし、マットを敷いてもカバーできません。水をこぼすと、中まで水が入ります。なんでこんなところに床下収納をつけたのでしょう。ほんとうにバカヤロウと言いたくなります。

築30年になる今は、ふたが腐っているのか、ふにゃふにゃしていて危険を感じます。

新居には、こういう床下収納を絶対にひとつもつけたくないと思っていたのですが、これは床下の点検口を兼ねているので、収納にするかしないかは別としても、どこかにはつけないといけないものらしいです。そんなわけで残念ながら新居にも、洗面所にひとつ床下点検口がついてしまいます。踏んでも冷たくない素材になっていればいいんだけど…。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへにほんブログ村

もっと平屋住宅ブログをチェックしたい方はこちらが便利です。平屋を選んだみなさんゆえ、同じ匂いのするブログがいっぱい。気が合うなー。→にほんブログ村 一戸建て平屋住宅

くわえタバコで作業している人がいたこと…

昨日はコンクリの不安に加えて、もうひとつ気が重いことがありました。
コンクリ流し込みの現場を見に行ったら、くわえタバコで作業している人がいたのです。

契約前に「敷地内でタバコを吸わせないでほしい」と伝え、営業さんからは「もちろんです!あたりまえですよ(笑)」というお返事だったのに・・・。

夫が「あのタバコ、吸い終わったら基礎の中に埋めたりするんじゃないか」と言うので、「まさか~!(笑)」と言っていたのですが、夕方、作業終了後の現場のあちこちに吸い殻が落ちていて(数えたら、5本)、家の枠組みの中の、土の上にも落ちていました。このまま土をならしたら、どうなるの?ありえないと思っていたことが、起きちゃうんじゃないの・・・?

夫がミサワの監督責任者に直接電話して、吸い殻のことを伝えました。
すぐに犯人が特定できたので、その人は現場からはずされることになりました。
翌日(今日これからのことですが)、責任者が謝罪に来ることになりました。
それから、夜営業さんからも謝罪の電話があって、看板に「禁煙」と表示することになりました。

私たちにとって、初めてのクレームでした。

叱られる人のこと考えると複雑な気持ちではありますが、クレームを言ってもだいじょうぶなんだ…きちんと対応してくれるんだ…、と確認できたことはよかったと思うしかありません。

先輩オーナーさんのブログで「ミサワの現場は、片づけられてキレイ」というのを見ていたから、小さなゴミが落ちているのでさえも、すごく気になります。「田舎だからレベルが低いのかな…」と、悲しい気持ちにもなります。今まではゴミも見て見ぬふりをしていましたが、これからは自分で拾おう、と心に決めました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへにほんブログ村

もっと平屋住宅ブログをチェックしたい方はこちらが便利です。クスッと笑えて勉強になるブログがいっぱいです。→にほんブログ村 一戸建て平屋住宅