カテゴリー別アーカイブ: 09.浴室・トイレ・洗面

お風呂にビタミンC

背中や足、二の腕、首筋がところどころかゆいので、対策を考えています。

風呂水の塩素が肌に刺激を与えるらしい、というのを聞いて、中和のためビタミンCを買ってみました。

こんなの。
ビタミンC
まだ1日しか使っていないので効果はよくわからないです。意味があるかどうかも不明ですが、石けんの泡立ちは良いような気がします(気のせいかもですけど)。肌の調子が悪くなるようでなければ、しばらく続けて様子を見たいと思います。

にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

ベビーバスは使いませんでした。

上の子のとき使っていたベビーバスは引越で捨ててしまったし、今の家では置いておくスペースもないので、出産直前にこういうのを買ってみました。

365日あす楽★代引・送料無料★安心・やわらか沐浴マット赤ん坊カンパニーバスマット おふろマット【あす楽対応】

生後0ヶ月~1ヶ月までは、洗面台に敷いて沐浴させました。
ふろ1
上の子のときは里帰りしたので、生後1か月までは実家の母が沐浴してくれたのです。なので2人目とは言っても新生児の沐浴は初めてで、恐々でした。ほとんど毎日スキナベーブばかり使っていました。

生後1ヶ月~2ヶ月までは、浴室の床に置いて使いました。
ふろ2
この上に赤ちゃんを寝せて、おなかにタオルをかけ、浴槽から汲んだお湯をかけて、石鹸で洗って、またお湯をかけて、仕上げに赤ちゃんを浴槽であたたまらせる、という手順です。

生後2ヶ月以降は沐浴マットが小さくなってきたので、ホームセンターで買った普通のバスマットを敷いて、赤ちゃんを寝せて洗っています。
ふろ3

「床がやわらかい!」「ヒザが痛くない!」と、夫と5歳の娘にも好評なバスマットですが、生後4ヶ月になったベビーが、今度はいろんなものに手を伸ばしてつかむようになり、気がつくとマットの端をガッチリ力強くつかんでいたりします。この先、かじったりするようなら、また別の方法を考えないといけないなぁ、と思う今日この頃です。

それって、和式用なんじゃね?

トイレがつまったとき、パコッとするカップに、和式用と洋式用があるって知ってましたか?

洋式用と和式用は、カタチが違うのだそうです。そして、洋式トイレなのに、和式用のカップを使うと、うまくパコッとできないらしいのです。

夫が職場の人と世間話をしていて、たまたまそういう話になったと聞いて、「へぇ~~~」と思いました。


トイレのつまりを取り除くためのラバーカップ。和式トイレ用。


トイレ詰まりを解消します 洋式トイレ用(トイレのすっぽん・スッポン)コンドル◆ ラバーカップ 洋式用

そんなこと、全然知らなかったです。いざトイレが詰まった!となったとき、あわてて和式のを買ってしまわないように、覚えておくとちょっとだけ無駄な買い物が防げるかもしれません。

にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

エコキュートのシャワーは水圧が弱い?

温泉に行くと、洗い場のシャワーが強くて「おぉー!泡切れが早い!!」と思います。ただ、ずっと前から「エコキュートはシャワーの水圧が弱い」と聞いていたし、それでもいいと思って導入したので、個人的には、自宅のシャワーが弱いことに不満はありませんでした。もともと、子どもの頭を洗うときは、あまり水圧が強いと顔にしぶきがかかって大騒ぎになるので、水圧が弱いほうがいい面もあったのです。

それが先日、妹宅でシャワーを借りたら、同じエコキュートなのに、妹宅のシャワーは水圧が弱くありませんでした。私は「もしかしたら、エコキュート自体が進化しているのかもしれないな。2年の差って、けっこう大きいな」と思ったのですが、夫は「なんでだ、なんでだ?シャワーを強くする方法があるのか?」と言って、ストレーナーの掃除をしたり、エコキュート本体や説明書を見たりしていました。

で、給湯温度を60℃にして、水の割合を増やすことで圧力を高める、という方法があることがわかりました。

通常時は32℃、入浴時は40℃にしている給湯温度を、入浴時は60℃にする、というものです。シャワーから熱いお湯が出るのでは?という心配もしましたが、混合水栓はなかなか賢く、シャワーから出てきたのは、ちゃんと40℃のお湯でした。しかも勢いが(いままでよりは)強めです!「洗面器にお湯が溜るのも早かったよ」と、夫は満足げでした。

勢いが強くなる分、お湯がなくなるスピードは早いような気がします。シャワーだけで済ませる日は勢い強め、入浴もする日はシャワー弱めでお湯の使用量を調節するのがいいかもしれません。

その後、「シャワー 水圧 強くする」で検索すると、たくさんの方がこの方法について書かれていました。私は今まで「エコキュートのシャワーは弱いもの」と決めてかかっていたので、調べることもしなかったのです。不満がないところには改善もないのだな、と改めて思ったことでした。

にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

意外に役立つ、風呂場の手すり

浴槽の壁に手すりって、なんとなくシニア向けのような気がして、設計当時はつけるかつけないか、ちょっと迷いました。それでもつけたのは、たぶん娘が何回かは風呂でこけるだろう、そのときつかまれる物があったほうがいいだろう、という理由からでした。
1
そして、現在。2年住んでみた今は、設計当時は考えもしなかった手すりの便利さをじわじわ感じています。

手すりがあると、掃除するのがとっても楽!なのです。

手すりがなかった頃は、浴槽を洗うために自分が浴槽の中に入らなければいけませんでした。風呂掃除用のブーツを履くか、素足にならなくてはいけなかったし、服が濡れる確率も高かったです。

今は、左手で手すりにつかまって、右手で浴槽を掃除できるので、自分が浴槽に入らなくても、浴槽全体に手が届きます。入浴後にお湯を抜いた後、すぐに洗剤をシュシュッとかけて、棒付きスポンジ(ミサワホームからもらった「住まいのお手入れセット」に入っていたもの)で浴槽全体をこすって、シャワーで流す・・・という作業が、洗い場に立った状態でできるようになりました。

2

そこまで考えて手すりをつけたわけではないんですけど、「浴槽を洗うとき、手も足も服も濡れない」が毎日続くと、これはなかなかいいんじゃないかと思い始めています。ちょっとしたことで家事が楽になることって、きっとまだまだあるんだろうな。
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 愛猫家住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ