カテゴリー別アーカイブ: 本・マンガ・映画

猫には名前が3つある

昨日読み終えた本のことを書こうと思って、
うろおぼえのまま「野菜好きのライオン」で検索してみたけど全然ヒットしないなーと思ったら。

「サラダ好きのライオン」でした。

【送料無料】サラダ好きのライオン [ 村上春樹 ]
村上春樹さんのエッセイ「村上ラヂオ」の3冊目です。買ったのは夫です。また買った人より先に読んでしまった・・・。

さて、本の中で「だよね!」と思ったのは、猫の名前のこと。「猫には名前が3つある」というのです。

1つめは、ふだん呼ばれている呼び名。
2つめは、正式な名前。
そして3つめは、誰も知らない名前なんだそうです。

村上さんの飼い猫には名前が1つしかないそうですが、うちの猫には名前が複数あるので、なんだか嬉しくなって、どうでもいいけどブログに書きたくなりました。

ちゅーすけは、ふだん「ちゅーう」とか「ちゅーすけ」と呼ばれていて、本人もその名前でないと来ないんですけど、本名は「スタンプ」と言います。ベビーのころ、よくミルクのお皿に手を入れて、床に足跡をつけて歩いていたため「スタンプ」と名付けたのですが、あまりにもかわいいので「ちゅたんぷ、ちゅたんぷ」と甘々に呼んでいるうちに「ちゅーたん」になり、「ちゅーすけ」になりました。
3
だから、ちゅーすけの2つめの(正式な)名前は「スタンプ」です。

がっちゃんは、ふだん「がっちゃん」と呼ばれていて、本人も(以下略)
4
本名は「ガスパール」といいます。「リサとガスパール」という絵本の、黒いほうの名前をもらってつけました。

テトは、最初からテトで、本名同じです。ごめん、テト。ナウシカのペットの名前だよ。あ、でも呼ぶときは「てったん」と呼んでいるから、ギリギリ1と2はクリアしてます?

ちなみに実家の飼い犬は、私が小学生の時に「シロ」と名づけたんですけど、保健所(市役所?)には「白雪姫」と登録されていました。父のセンスには、子ども心にのけぞったものでした。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村
クリックしてもらえると、ランキングの順位とブロガーのモチベーションと更新頻度が上がるしくみです。どうでもいい話ですみません。

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』

庭の草取りが忙しくて、なかなか読書の時間が取れない今日この頃ですが、
10

久しぶりに読書しました。

【送料無料】夜の国のクーパー

伊坂幸太郎の書き下ろしで、猫が主役のファンタジーです。「クーパー」というのは、杉が変化した化け物で、もののけひめのデイダラボッチみたいなイメージで描かれています。物語はその「クーパーのいる国」で起きる事件のお話なのですが・・・「ここではない、どこか別の世界」感があって、旅するように読めました。そして、久しぶりに「最初からもう一度読みたい」と思えた本でした。

「夏休みに、なにか読もうかな?」と思っている方は、ぜひ。
11